大学1年生向けのメイクとは

大学一年生が大学に入学して早2週間が経った。1年生を見ていて気になること。それはメイクだ。
高校から上がりたてでメイクの技術、もしかしたら、メイク道具すら持ち合わせていないのかもしれない。
私も大学一年の時は母親のメイク道具を拝借してメイクをしたものだ。だが、20〜30歳年上のメイクが大学1年生のフレッシュさを演出できるわけがないのだ。ベージュがかった口紅にくすみがかったピンクのチーク。大学1年生に必要なのはフレッシュさ。ということで、1年生たちにまずしてもらいたいことはメイク道具集めだ。そこで私がおすすめするのがBOBBY BROWN。こういうメイクにしたい、あのモデルさんみたいに目力が欲しい、などの希望をいうとその場で買い手さんに合うメイクを考えて、実際にスキンケアのやり方、ブラシやパフの使い方など0から10の事を教えてくれる。実際私は大学に入ってからすぐにBOBBY BROWNにかけこみ、春らしいメイクだったり、透け感が欲しいなどの様々な希望を叶えてきてくれた。自分を消すことなく素材を活かしてメイクを考えてくれるので、自分が消えることがなくメイクを楽しむことができる。また、BOBBY BROWNをおすすめするもう一つの理由が、香りだ。BOBBY BROWNが提供してくれる化粧品はどれをとっても香りが良い。フレッシュな香りで目を覚まさせてくれる。朝から良い匂いを嗅ぐと誰でも気持ち良くなれるものだ。常に肌の負担のことを考え、また、私たちが求めているものを配信してくれるBOBBY BROWNにはメイク初心者は特にいってほしい。行って、新たな知識を一つでも身につけて次の日からの日々が充実であることを願う。